ビジネス

キャッシュフロー計算書ってどう見るの?ここを押えればCFが分かる!

キャッシュフロー計算書とは?

お金の流れを表す計算書でPL、BSと合わせて財務三表と呼ばれる
経営CFと投資CFと財務CFの三つに区分されている

キャッシュフロー計算書の見方

経営CF=会社の営業活動によるお金の増減
投資CF=会社の投資によるお金の増減
財務CF=会社の資金調達に関するお金の増減
三つの区分を総合的に判断することが重要

キャッシュフロー計算書(CF)って何?

損益計算書(PL)が会社の一年間の売上や利益などの会社の経営成績を表しているのに対して、このキャッシュフロー計算書(CF)は会社の一年間のお金の流れを表した計算書です。

企業の取引では掛売上と言って商品やサービスが売れてもすぐにお金が入ってくるわけではなく、一か月二か月後にそのお金が入ってくることもザラにあります。

そうなるとPLではお金が入っていなくても商品やサービスが売れた時点で売上と認識するので、算された利益と実際に手元に残るお金とギャップが出てきてしまい利益は出ているのにお金がないといった状況になります。

PLだけでは判断できない会社の資金繰りをこのCFでは知ることができます。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”bman1.png” name=”先生”] 会社は赤字になっても倒産しないけどお金が無くなると倒産する、資金繰りを知ることはとても大事な事なんだよ[/speech_bubble]

PLの利益とお金の流れは何で同じじゃないの?

計算された利益と実際に残るお金の金額が一致しない理由は大きく三つあります。

  1. 会計の損益の認識とお金の出入りが異なるため
    例えば、先ほど説明した掛売上もこれに当てはまります。
    ほかにも貸倒引当金や減価償却費などキャッシュの流出が無くても利益を減らすものが会計上は存在しており実際の現金の流れとのギャップが発生します。
  2. 入ってきたお金でさらなる投資をしている場合
    売上をもっと伸ばすため、生産性を向上させるため等、会社を成長させるために建物を建てたり機械を買ったり固定資産となるようなものへ投資を積極的にしていると資産は基本購入した時に一括で経費にはならず何年かに分けて経費となるので現金の流れとのギャップが生まれます。
  3. 損益とは関係なくお金が増減する場合
    例えば銀行などからお金を借りた場合、お金を借りて現金が増えても利益には載っていませんので利益は無いのにキャッシュはある状態になります。
    逆もまたしかり、返済金が多いと利益はあるが現金がないといった状態になります。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”bman1.png” name=”先生”] これらの積み重ねが実際の現金と利益とのギャップ生んでいます[/speech_bubble]

3つのキャッシュフローを確認する

キャッシュフロー計算書は3つのキャッシュフローが記載されておりそれら3つを総合的にみてその会社の資金繰りを評価していきます。

CFはこの3つ

  1. 営業キャッシュフロー
    会社の本業の営業活動を通じて獲得したお金の増減を表す項目になります。
    順調に営業している会社はこのCFがプラスになっていますが、事業がうまくいっていない会社などはこのCFがマイナスになっており本業でお金を稼げずに減らしているという事を表します。
    また事業が急速に拡大して売上は伸びて利益が出ている会社でも営業CFがマイナスになる場合がありますが、それは売掛金など債権が膨らんでしまっていて現金がうまく回収できていなく一時的にマイナスになっている場合もありますので、営業CFがマイナスの場合はその原因を知ることが大事でしょう。
  2. 投資キャッシュフロー
    投資をしたのか、投資からお金を回収したのかを表す項目になります。
    例えば固定資産や株などの有価証券を購入した場合キャッシュがなくなるのでこの投資CFはマイナスになります。
    一般的な成長企業は積極的に固定資産の購入など未来の利益実現のために投資を行いますのでこの投資CFはマイナスになる場合が多いです。
    逆に成熟した企業では投資する金額よりも今ままで投資した資産の売却金額のほうが多くなる場合などはこの投資CFがプラスになります。
  3. 財務キャッシュフロー
    銀行などからの借入やその返済、増資による資金調達による現金の獲得などを表す項目になります。
    その年に借入や増資など資金調達をした場合はこの財務CFはプラスになりますが、特別資金の調達をしていなければ一般的に今までの返済でこの財務CFはマイナスになる事が多いです。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”bman1.png” name=”先生”]この3つのキャッシュフローを組み合わせて判断することが大事になります [/speech_bubble]

3つのCFを組み合わせると

営業CF、投資CF、財務CFのプラスマイナスで8通りのキャッシュフローの組み合わせを作ることができます。
その会社はどういった傾向を持っているか判断することができるので参考にしてみてください。

このように3つを組み合わせてその会社はどういった会社なのか、どのような資金繰りをしているのか営業CF、投資CF、財務CFを総合的にみて判断することがキャッシュフロー計算書の見方として大事なことになります。

まとめ

  • CF計算書は一年間のお金の流れを表す計算書
  • 「営業」「投資」「財務」の3つのCFがありそれらを総合的に判断することが重要
    といったところを重点的に確認しておきましょう!

資金繰りの相談に乗ってくれる税理士を探すなら

うちの税理士に利益は出てると言われてすごい高い税金を払ってくださいと言われるけど実際にはそんな払うお金は残ってない…
そんな悩みを持った中小企業の経営者の方!

税金の計算をするだけが税理士ではありません。
その会社の資金繰りから相談に乗ってくれる税理士、無理のない納税計画、無理のない節税を行ってくれる税理士を一度探しては見ませんか?
相談無料で希望の税理士をマッチングしてくれるので一度悩みを言ってみるのはいかがでしょうか。
税理士ドットコムで最適な税理士選び
してみませんか?


ABOUT ME
Biztta
企業のコンサルタントや会計・税務の実務相談をしているサラリーマン 小難しいことをとっつきやすい情報にして発信できればと思っています。