役立つ情報

クレジットヒストリーって何?知っておきたいクレヒスの基本

クレジットヒストリー(クレヒス)とは何かご存知でしょうか?

このクレジットヒストリーが悪いとクレジットカードがの審査で落ちてしまったりローンの審査に通らない何てことになりかねません。

実は生活と密接な関係のあるクレジットヒストリ―をしっかり理解学習しておきましょう。

クレジットヒストリー(クレヒス)とは?

クレヒスとは、クレジットカード等の利用履歴の事で国内の信用情報機関に登録されています。

この信用情報機関にその人のローンの利用状況、返済履歴、クレジットカードの利用履歴などの情報が記録されています。

クレジットカードの審査が通らない理由はクレヒス?

クレジットカードの審査が通らない!なんて経験はありませんか?

その理由実は気づかないうちに悪いクレヒスを作ってしまっていたせいかもしれません。

良いクレヒスとは

返済や支払いをきちんと滞りなく行っていればしっかりお金の管理ができて支払能力のある人と信用が生まれますので良いクレヒスになっていきます。

悪いクレヒスとは

返済や支払が遅れたりするとその記録が情報機関に記録されて悪いクレヒスとなっていきます。

具体的に次のような原因で悪いクレヒスになっていきます。

クレヒスを悪くする原因

  • 過去に本人都合の支払遅延がある人
  • 過去に代位弁済歴がある人
    (自分のローン等を保証会社が肩代わりして支払い債権が保証会社に移行したことがある場合)
  • 現在しているローンなどの契約で数か月支払が遅延している人
  • 現在しているローンなどの契約で複数回遅延をしている人
  • 直近3か月から1年程度の間に複数回の融資申請を行っている人
  • 消費者金融からの借入金額が自身の申告年収より多い
  • 他社に過剰な借入金額・件数がある
  • 中高年以上であるにも関わらずクレジットヒストリーが無い
  • 携帯電話の端末を分割払いにしている人で毎月の携帯料金を3か月滞納している

これらの原因に当てはまる場合は自分のクレヒスが悪くなっている可能性が高いです。

クレヒスが悪くなるとクレジットカードを作ろうとしても審査に落ちてしまったり、ローンの申請が通らない等実生活に悪影響がありますので現在心当たりのない方も上記の事項に気を付けてください。

クレヒスは信用情報機関に記録されている

クレジットカードを利用している人、ローンを組んでいる人などは必ず以下の3つの信用情報機関のどれかに登録されていることになります。

国内の信用情報機関
  • 株式会社 シーアイシー (CIC)
  • 株式会社 日本信用情報機構 (JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター (JBA・KSC)

各機関に会員となっている会社や銀行から個人の信用情報が送られるようになっており、機関によってそれぞれ特徴も違っています。

国内3つの信用情報機関

株式会社シーアイシー (CIC)

クレジットカード会社の共同出資により昭和59年に設立された信用情報機関で
主に割賦販売等のクレジット事業を営む会社が会員となっている信用情報機関です。

CICには次のような業態の会員が加入しています。

  • クレジットカード会社
  • 消費者金融会社
  • 携帯電話会社
  • 信販会社
  • リース会社・保険会社
  • 保証会社・百貨店
  • 銀行

CICに登録されている情報と保有期間

CICにはクレジットやローンの利用者のこんな情報が登録されています。

株式会社 日本情報信用機構 (JICC)

主に消費者金融会社が利用している信用情報機関で、加盟会員の内54%以上は消費者金融会社です。

JICCには次のような業態の会員が加入しています。

  • 信販会社
  • 消費者金融会社
  • 流通系・銀行系・メーカー系カード会社
  • 金融機関
  • 保証会社
  • リース会社

全国銀行個人信用情報センター (JBA)

銀行や信用金庫などの金融機関が加入している信用情報機関です。

カーローンや住宅ローンなどで金融機関から借り入れを行った人はこのJBAに信用情報が登録されています。

JBAには次のような業態の会員が加入しています。

  • 国内で活動する銀行等の金融機関
  • 銀行持株会社
  • 銀行協会

信用情報機関はそれぞれ繋がっている?

CIC・JICC・JBAの3つの信用情報機関をご紹介しましたがこの3社は情報を交換する形でつながっています。

3社はCRIN(Credit Information Network)と呼ばれる情報交流を行い各機関での延滞や代位弁済等の「金融事故」の情報を交換することになっています。

情報交流CRINの役割とは?

情報共有が無い場合、個人の「金融事故」の情報がCICにはあるけどJBAには無いという状況になります。

そうするとCICに登録をしている企業等はその「金融事故」を把握できるので新たなお金の貸し出しを拒否することが出来ますが、CICに登録をしていない企業等は「金融事故」を把握できないので新たに貸出しをしてしまい「過剰な貸し付け」や「多重債務」といった状況が発生してしまします。

このような事態になるのを防ぐためCRINで情報交流を行っています。

CRINで情報が交換されるのは「金融事故」の情報のみになります。

まとめ

良いクレジットヒストリーを築くことは住宅ローンを組む時やオートローンを組む時など人生の大きな買い物をするときに大きく影響してきます。

若い内からクレジットカードを遅延の無いように使用することで長期的な信用が生まれて必然と良いクレヒスが築かれますので

少しずつ良いクレヒスを積み上げていくことを心掛けて生活しましょう。

ABOUT ME
Biztta
企業のコンサルタントや会計・税務の実務相談をしているサラリーマン 小難しいことをとっつきやすい情報にして発信できればと思っています。