ビジネス

領収書を買取る?話題のアプリ「ONE」って何?

2018年6月12日よりワンフィナンシャル株式会社より今まで無かった新しいサービスが開始されました。

「ONE」という名のアプリで不要なレシートを1枚10円で買い取ってくれるという画期的なサービスが話題を呼び一躍有名になりましたが

この「ONE」いったいどういったサービスなのでしょうか?詳しくみていきましょう。

「ONE」ってどういうもの?

ONEの仕組みはこうなっています。

AppStoreでアプリをダウンロードしてアカウントの登録を行いスマホでレシートを撮影すると即座に10円がアプリ内の専用ウォレットに振込まれる仕組みになっています。

アプリ内のウォレットから自分の銀行口座に引きだすにはまず身分証明書(運転免許証や健康保険証)で本人確認を行った後引出手数料200円でいつでも引きだすことができるようになっています。

買取り上限が1日10枚までと決まっているので、1日=100円、1年間=36,500円の収入をレシートを撮影するだけで得ることができます。

いままでもレシートをポイントにするようなアプリはありましたがレシートを直接現金に変換できてかつ1枚10円という高還元なサービスは無かったため大きな反響を呼んでいます。

「ONE」でこれだけお小遣いを稼げる

もし家族4人でONEを毎日欠かさず上限いっぱいまで使った場合

1年間で36,500円×4=146,000円も年間のお小遣いになります。

レシートを撮るだけで年一回の家族旅行が1人分浮いてしまう金額と考えれば相当魅力的ではないでしょうか?

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”bman1.png” name=”先生”] 実際にはそれだけONEを使うとなると家族で1日40枚のレシートが必要になるなどあまり現実的とは言えませんが。。[/speech_bubble]

 

買取ったレシートの使い道

レシートなんか買取ってこの会社はどうするの?

といった疑問が出てきますが、このONEの運営会社ワンフィナンシャル株式会社は

「都内に住む30代の男性はこういう商品を好む傾向にある」や「20代女性は何時ごろに頻繁に買い物をしている」など

大量に買取ったレシートから情報をデータ化して企業にマーケティング資料として販売することで収益を上げます。

このほかにも買取ったレシートから購買傾向を把握して適切な広告を表示させることによる広告収入も今後実装していく予定があるそうです。

運営会社はレシートを大量に買付けてデータ化することで価値のある商品を生み出し利益を上げる、利用者はゴミになっていたものが簡単にお小遣いになるというWINWINなサービスではありますが利用者にデメリットは無いのでしょうか?

レシート買取りアプリONEのデメリット

このアプリを使用することによる最大のデメリットは何といっても「個人情報が漏洩しないか」といった点かと思います。

ONEは自分の口座に出金する際に「運転免許証」や「健康保険証」で本人確認として個人情報を登録しなければなりません。

そうなるとワンフィナンシャル株式会社には、利用者の本名、住所、生年月日、銀行口座、レシートによる行動パターンといった個人情報がデータとして蓄積されており、それが漏えいするとなれば大きな被害が出る可能性があります。

といってもネット上での買い物や投資が当たり前に行われている今ではこれらの個人情報をネット上から会社に預けることはそう珍しいことではありませんのでワンフィナンシャル株式会社のセキュリティがどの程度しっかりしているのかという事に集約されるかと思います。

またONEで集めた個人のデータを企業に販売する際には個人情報となる氏名等は抽象化されてから販売されるようなのでその面で個人情報が流出する心配はあまりないかと思います。

まとめ

ONEは不要なレシートを撮影するだけで簡単に10円で買い取ってくれる便利で画期的なアプリではありますが、多くの個人情報を預ける形になりますので個人情報漏えいの可能性というデメリットも存在します。

自分の個人情報を任せても良い会社なのかしっかり判断して使用するようにしましょう。

ONEをダウンロードするならこちら

 

ABOUT ME
Biztta
企業のコンサルタントや会計・税務の実務相談をしているサラリーマン 小難しいことをとっつきやすい情報にして発信できればと思っています。